上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Project GP05 脚部

私、イタ男、
怪我から帰還しました。
あー痛かった。

さあ、やろうやろう。

とりあえず、製作復帰の前に現況確認を。
RIMG0274_convert_20110128010712.jpg
RIMG0279_convert_20110128010951.jpg
RIMG0275_convert_20110128010754.jpg
RIMG0276_convert_20110128010820.jpg
RIMG0277_convert_20110128010859.jpg

ま、ピントの事はさておいてね、
フレームはMGキットのGP01を流用。
各部ブラッシュアップしながら進めてました。
外装もポリパーツへの取り付けピンを残しつつキットを芯にしてプ板と各種パテで。

脚部全体像として、横方向へのラインの広がりを抑えつつ(コレが泣けた。)
スレンダーかつメリハリのあるマッシヴに、、という、よくわかんないよね。
けど、そんな感じで。ww
画稿を見たとこ後方へスタビライザーやフィンパーツが延びているので
実際はヴォリューミーになるであろう事を予測してましたが、
実際ここまでパーツを付けてみると、なかなか派手でカッコ良いではありませんか。ふふ。

画稿は最新のコレなんですが
20100815021243f97s.jpg
(SHINOさん、膝のマルイチは書き忘れだよね?と前置きしてw)
脹ら脛両サイドのフィンのディテールと後方のスタビ~下内部が悩ましいとこでした。
写真では付いていないのだけども、フィンのパーツは出来ています。
画稿に合わせた感じのフィンが0.3mmで三枚。その間ごとに0.75mmのダクト状のディテールを入れて、
キツキツな感じで、脹ら脛のパーツで内包されている様に造形しました。
コレがねぇ、泣けたんだよ。ホント。
当初、0.5mmのフィンで1mmのダクトを挟んだ時にアウトラインが横に広がり過ぎてさ。
なんか鈍臭い。だってフィンで0.6mm。ダクト部で0.5mm。で、x2でしょ。
2.2mmは1/100スケールでは結構な数値です。(あれ?オイラだけじゃないよね?w)

と、後方のメカニック部。
SHINOさん、ちょっと弄ったよ。
スタビライザーを追加の案は僕も「イグザクトリー!」なんだけども、
下のフィンの機能と枚数がさ、クリアランスも含めチョットな感じだったんで
写真の様に変えてみたんだけど。。。
フィンでね、スタビライザーが閉じないのよ(とほほ)。
そんで、閉じた時にスタビライザーに内包される長めのフィン一枚と、
噴射角を限定する意味で下方から一枚で計二枚に。長い方のフィンは可動。下のは固定で。
ノズルは低めの丸いタイプのモノ。足裏なんかによく使われてるタイプです。プラ材で底上げしてね。

一応、外装のラインは見て取れるでしょうか。SHINOさん。
大丈夫な様ならば、パーツ毎に仕上げていって複製に入ります。
あと手を出していないと言えば足裏くらいかな。
スネなんかは最初期の画稿のラインを汲めていると思うのだけドォ、、、。

で、皆さん、おさらいです。
最終的にはコレになりますから。
2009103021555338cs.jpg

では、またです。
チャオ。
スポンサーサイト
[ 2011/01/28 01:13 ] Project GP05 | TB(0) | CM(6)

やれやれ。

手を切ってしまった。
左手親指先を。アイタタタ。
しばらくぶりに縫う程に。

しかもイタ男、7割左利き。

そんなんで、作業は止まり気味。

GP05の脚部が、もう少しでパーツが揃うところでした。
近いうちに半端だけど更新しますのでー。

痛い。うぅ。

画像はしばしお待ちを。
[ 2011/01/14 22:32 ] 日和 | TB(0) | CM(4)

project GP05 脚部

とにかくこんな街から逃げ出したくって
まだ暗いうち、誰もいない道
僕ら出発した

どちらへ行けば未来に続いてるのか
わからなくって、君と二人で
ただ走ったんだ

ケータイ捨てて自由をインストールしたつもり
君がちょっと探るポケット
不安だって笑った
                            聞きたくないんだ誰かの優等生なコトバ
始発電車が僕ら追い越すとき               僕にとって、リアルじゃなくて
朝日が窓に反射して                   立ち止まっちゃうんだ
それがフラッシュライトの光のように
僕らを照らした                     聞こえてますか?
                            それでも精一杯出した声はいつも消えてしまうも                                       君に向かってるんだ
ねぇ、どこへ行く?どこでも行く            
握りしめた手と手                    夏の亡霊が暴れ出す前に 
僕がいて、君がいた、始まりの日             持てるだけの希望持った
                            それはフラッシュライトの光のように
                            未来を写した

                            ねぇ、何がしたい?なんでもしたい
                            朝焼けに染まるシャツ
                            僕の想い、君の願い、始まりの日


                            誰かを思う。苦しい思い
                            そのイタミの中で
                            ひとつひとつ、あるいは二つ、意味を見つけたい

                            ねぇ、どこへ行く?どこでも行く                                              握りしめた手と手                                                     僕がいて、君がいた、始まりの日















始まりの日、
忘れたらダメなんだぜ?
例えば、16歳の時にバスの中で出会ったイタリア人夫婦の話のように。
意味のハナシは、ずっと先。




ウチワのハナシ。。。。デス。




さて。
模型のハナシ。


やってるんだよ。
ほら。
RIMG0273_convert_20110103014947.jpg
RIMG0274_convert_20110103014914.jpg
RIMG0275_convert_20110103015015.jpg
RIMG0276_convert_20110103015042.jpg
意味なく並べてみる。
また更新しないと止まったかと思われちゃうしね。
でも、もうチョイ進まないとよくわからんかなぁ、、、と、引っぱってたのね。
で、急いで撮ったらスンゴイね!ピンの来てなさがね!!イタ男ですよー!!!
今年もよろしく!!!!
(とかね、、)



脚部に工作が移りました。
本当は、がんだまー、、あ、SHINOさんとの打ち合わせの時に
バインダーを先に造る旨お話したのだけども、
やはり、先に四肢が先になりました。
と、いうのは、、
肩のアーマーを造ろうとしてバランスを見たくて『靴』を造りたくなり、
『靴』を造るのに『太もも』が造りたくなり、
『太もも』を作ろうとして『ヒザ』が造りたくなる、、、、というループが起きたのwww
四肢は複製して揃えますので、片方だけ。
内部フレームはGP01から流用です。
ただ、強度に不安のある箇所は造り直してます。(そこに時間を持ってかれてる。。。)
細かい点は全部パーツが揃ったら説明しようかと思ってます。

因みに、目指してる頭身は01と01fbの間くらい。
足が長過ぎに見えてます?
ちょっとね、考えもあっての事でして、少し静観して頂きたく!!(ね。SHINOさん)
それと、靴の形状、、、SHINOさん指示は幅を狭めるとZ計画にみえるから01と同等で、との事、、、
なのだけども、ここも静観して!!(ねぇ、、頼むよぉ。。。w)
いやいや、実際ね、合わないんだよ?01幅は。
色んなトコ、尖ったりなんかしてるでしょ?
ギリギリZ計画には見えないと思うんだけどな。なんでさ、静観して。



ま、こんな感じで進めてますので。
四肢の複製までして、複製慣れを少しでも進めたいのも大きな理由です。
原型の『割り』とか、もうチト勉強してバインダー作りたいんだ。




という事で今夜は、こんなとこでね。

チャオ。



[ 2011/01/03 02:41 ] Project GP05 | TB(0) | CM(7)