上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Project GP05 脚部~靴part2とか~

涙の色はきっと にぶい僕にはみえやしないから

自分が思っているよりも 君は強い人間じゃないし
抱き締める僕にしたって 君となにもかわりなんてない

ヒドイ嘘をついて ふさぎこんだり
あてもない夢を見たり
生きてゆく事に投げやりになったりして...

きっと僕らの明日なんて 始まりも終わりもなく
そこに僕と君がいればいい
君の涙の色はきっと ニブイ僕には見えやしないから
そう...だから何度も君のその手を確かめる

月のない夜を選んで そっと秘密の話をしよう
僕が疑わしいのなら 君は何も言わなくていい

半分に割った赤いリンゴの
イビツな方を僕がもらうよ
二人はそれで たいがいうまくいく

きっと僕らの明日なんて 闇でも光でもなく
そこに僕と君がいるだけで
いつでも心の色なんて にじんでぼやけてしまうから
そう...だから何度も 僕は言葉で確かめる

手に入れたものは自由じゃなく
自由のまがいものばかり
失くしたものは いちいち覚えちゃいない

きっと 僕らの明日なんて 始まりも終わりもなく
そこに僕と君がいればいい
君の涙の色はきっと にぶい僕には見えやしないから
そう...だから何度も 君のその手を確かめる



                        『アシンメトリー』





左右対称にモノを作るのは難しい、、、、

神は全てに対象を与えたもう、、、、ふん。知るか。




さ、いきますよー
SHINOさんとやってるこのシリーズ。当時はがんだまーさんw。
僕は僕でアレコレ考えるわけですが、
全体のムードというか、イメージはこのイラストを目掛けているんです。
RIMG0311_convert_20110221154408.jpg
随分前なんでしょう、このカトキしぇんしぇーのコレ。
コレに出逢ったのは一昨年。
古本屋でフィックスのボックスが悲しい値段で売っており、
それを喜んで買うイタ男も悲しい。悲しみの連鎖。哀戦士たちよ。
ま、面白い話はこのくらいにしてね。
それで、カトキネーゼな我思ふ。
『間接ギッシリがよぐね↑よぐね↑』と。
それで、これですよ。
RIMG0310_convert_20110221154334.jpg
ふう。
間接がカッコいい、、、とは、人間には当てはまらない気がしますが
モビルスーツには当てはまりますよ。当てはめましょう。
で、
RIMG0302_convert_20110221154117.jpg
RIMG0300_convert_20110221154052.jpg
RIMG0306_convert_20110221154153.jpg
RIMG0312_convert_20110221154432.jpg
C面が、またコレが泣けたぁ。
右足は複製待ちなのでクアンタム バーストですが(よく知らないけど言ってみる。)
どうでしょうか。
前回記事の通りスジボリは後です。しますよ。します。
複製前にギッシリ詰めた間接部と装甲の内壁のクリアランスをしっかりしておきたかったので
こういう行程になりました。
だいたい脚部はこんなとこです。アウトラインの繋がりなんかは気にしましたよ。ノイローゼ。薬くらはい。。
と、いうわけで脚部は『ほぼ』終了。今日から複製作業に移る。やったね。

ここまでのところ↓
RIMG0307_convert_20110221154224.jpg
RIMG0298_convert_20110221153959.jpg
GP01の腕を充ててみる。
ふむふむ。
RIMG0299_convert_20110221154027.jpg

そして、
もう気付かれましたか?
腰のサイドアーマーを前回SHINOさんに指摘されてましたので解決。
RIMG0313_convert_20110221154503.jpg
僕もリテイクを予感していた箇所です。
形状はあのスンゴイいくつものバインダーで月をバックにズゴ~~~って飛んでる絵から。
腰部のアーマー全てで、花の花弁が下を向いている感じ?つーの?違う?


はい。
そしたら、いよいよ腕部です。コレがコレがまた、、、、。
まずは肩のアーマーから掛かります。
それで本体の全体像が見えますねん。そうやねん。
全体が見えたら各部位の細部を詰めて詰めて武装~バインダー、、、。
あ~最近違うの作りたい病。
応援してぇ~~。

ではでは、また。
チャオ。



スポンサーサイト
[ 2011/02/21 16:44 ] Project GP05 | TB(0) | CM(6)

Project GP05 脚部~靴part1~

雲と雲の切れ間から
差し込んだ光のスジ
その透き通ったオレンジが
空と街をつないでる

ひとりぼっちはジッとしてさえいれば
それなりの朝が訪れた
でも君とふたりぼっち傷つけ合う時の音
胸が破裂しそうにイタイ

望んだ事何もかもを
欲しいと思う全てを
もしも僕ら手にしたとしたら
それを幸せっていうの?
わかりあえないこの想いが
消えてしまいそうな願いが
きっと僕と君をつなぐ
約束になっていくって気がするんだ

               『約束』





なんだか、スッと模型と僕をつなぐ空気が近づいた様な。
ただ単に、新調したモーターツールが調子が良いだけかも。



では、前回記事でデザイナーさんに、概ね『良し』が出たので、
ディテールの工作に移る。
とは言え、脚部の外装のそのほとんどは複製になる為に
スジボリ等の『詰め』のディテールは後になる。
なんでかって、「どのくらい」「どのように」抜けるか正直わからないからね。
量産するわけではないし、前回のザクの時に複製したレジンパーツへのスジボリが
やりやすかったのもある。
つい、how to本なんかみて作業を僕は型にはめがちなのだけれども
要は、まずは完成すればいいのだ。
繰り返してく中でわかっていくはずなのだ。と、言い聞かす。
しかし、ガレージのプロの方は凄いなと、やってみて思った。
モーターヘッドとかなんて、どうなってんだろう???
修行が続くイタ男。

今回は『靴part1』。
特にタイトなピッチの中にシリンダーを仕込んだのだけども
元々、僕は素立ちが決まりさえすれば広く可動範囲を求めない方ですが、
このヒトはスネ内部がかなりギリギリで可動していて骨が折れました。
では、画像。
RIMG0276_convert_20110207013740.jpg
向かって左から、
キットパーツを加工して、こんな風に。
チョット考えてて、足裏のノズルって背の低いタイプが普及してますよね。
けど、この時代までのMSのベクターノズルで大きな役割を果たしているのは
足裏のモノではないのかと投げかけてみました(誰にさ。)。
hi-qさんちのSVタイプの大きなの。
靴前後の切れ間から見える感じもどうでしょ?
で、真ん中の白いのは甲の部分のメカニックパーツ。
これは02のソレと韻を踏むカタチ。
設定では02、04、05はジオン系のエンジニアだしね。
そして、右が靴の外装。


RIMG0278_convert_20110207013810.jpg
組んでみる。
『カタマリ感』が欲しいのです。各部位ごとにも。
良いカンジになってきた。

RIMG0282_convert_20110207013837.jpg
足の裏ね。
外装(青く塗られるパーツ)を作ってエポキシパテで一度内部の型を取ります。
抜いた後、裏部をディテール分削ぎます。
で、その上にプラ板でパターンを作り貼ってます。
ま、フツーですね。フツー。
ザクの時にパターンの奥まで迫ろうかとやってはみたものの『?』。
こんなところでしょう。今の僕じゃ。

RIMG0279_convert_20110207013907.jpg
そして、更に組んでみる。

ふ~む。
靴part2では、アキレス腱の辺りのカヴァーパーツを足していきます。

こんな感じで、進まないんですよ。ホイホイとは。
けど、僕を取り巻く模型的空気が例えるならゼクの時みたいな感じで楽しい。
やはり、スクラッチっしょーー。
(すんごい錆びたファルケが作りたくもあるんだけどね。)

では、また近いうちに。

チャオ。
[ 2011/02/07 02:27 ] Project GP05 | TB(0) | CM(3)