上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Project GP05 脚部~腕部②~

始めから そのつもりで 君はいたのかもなんて
それならそれで別にいいや
今さら 確かめようもない

誰を憎んだらいい?何を押し殺せばいい?
手を振らずに去っていくほうは
僕より 悲しいのかな

ねぇ 
今 僕の胸は張り詰めてしまうばかりで
ただ涙だけが だらしなく落ちるのです

悲しみは波のように 何度も繰り返すらしい
悪い爪を剥ぐ時みたいに
いつか ゆっくりはがれていくのかな

ただ深い碧に沈む 空はお別れの色
僕らが祈る声はなぜ ふがいなく
こんな うすっぺらいんだろう

ねぇ
今日 僕たちはそれぞれの光を探し
当たり前のように明日へと歩き出します

ねぇ
今 僕の胸は張り詰めてしまうばかりで
ただ涙だけが だらしなく落ちるのです

                       『風凪ぎ』














そもそも、僕と東京電力とを結ぶ契約って、
どんなカタチなんだろうか。
文句を言っていいのかさえ僕は知らない。
あるいは文句を言われる事もあるのだろうか。
例えば、「だって、ほら、お客さん、使い過ぎですよー。仕方ないですよ?」なんて。
マクドナルドのスマイルは0円。
電気の供給の安心は0円?

それとも、実は、まるでお伽噺のように、神話の様に
僕は信じてしまっていたのだろうか。
そして、また信じるに足る新しい物語を僕は探す事ができるだろうか。

エジソンが電球に辿り着くまで、
夜は、それこそ漆黒の闇だったのだろうって何かで読んだ。
先日、僕の街が夜、停電になり見た事のない真っ暗な街を見た。
まさか、21世紀のある夜に漆黒の闇に出会う事は僕は想像した事がない。
闇の向こうで何か話す人の影は、ただ黒く立つビルは、背後から迫る通行人の息づかいは
僕を、40歳目前の僕を信じられない位に縮み上がらせた。
なんの事はない。僕は暗闇を恐れたのだ。
今まで知っている手懐けられた闇だけに、したり顔でいた僕。

認めないといけない。
電気が来ないだけで、時間制限のある闇で、
気持ちが揺さぶられてしまう弱い自分を。


















あ~~~~、進まねぇ~~~。
更新だ更新。こんな時は更新だ。



さて、腕部②です。
設定ですと、前腕にビームサーベルの収納ギミックがあります。
楽勝ムードから一転w暗雲立ちこめるイタ男工房。

悩む。

悩む。

悩む。

悩む。

サーベルが入らない。
作った外装はバランスも、ある程度取れていて良い感じだ。
でも、入らない。
どうする?

位なタイミングで地震。
数日後作業は再開するも、やはり良い案が出て来ない。
いっそ、もう閉じてしまおうか、、、、
と、その時!

あ、な~~~んだ。こんな良い手があったではないのぉ。と。

ユニコーン風にしましたよ。SHINOさん。
アウトラインを少し変えますが、カッコ素敵ですよ。

で、こうです。
RIMG0302_convert_20110323004411.jpg
こう!
なんてったって、あーた!
サーベルの持ち手を作らなくていいんざますよ!ほほほ。
RIMG0300_convert_20110323004346.jpg
僕は気に入ったのだけど、皆さん、どでしょ?
この子はサイコミュ試験なんかも、こなしてますからね。
ビスト財団のお導きもあったかもしれません。バナージ坊ちゃんは4歳です。

前腕の工作は、今のところ半分くらい。
まだまだ、ツメなきゃいけない。
ま、この記事上げたら気分も変わるでしょ。

という感じの05君。
SHINOさんところでね、あのスンゴイ設定を皆さんも読んでみて下さい。
このガンダム、、、仄暗いイメージが僕には湧いてました。
ジョニーライデンなんかも出てきちゃうあたりのストーリーは悲し暗い。。。
なので、フェイスの表情なんかも、どことなく陰鬱なイメージを入れてたつもりなんですがね。
どうなるかな。作り直しかな(涙
RIMG0307_convert_20110323004558.jpg

それでは、全身でっす。
RIMG0303_convert_20110323004443.jpg
たまには、あおりで。
RIMG0308_convert_20110323004640.jpg






地震で、わりと部屋が乱れたので、今日までチマチマ整理ごとを。
僕は、こんな感じのとこで作業してます。
RIMG0311_convert_20110323004716.jpg
キレイなうちに、、、と思って。w


では、今夜はこの辺で。
チャオ。
スポンサーサイト
[ 2011/03/23 01:58 ] Project GP05 | TB(0) | CM(4)

Project GP05 脚部~腕部①~

黒いシミみたいに 油が染み込んだ路地で君を抱き締める
川のスエたニオイがTシャツに こびりつてやしないかな

君がずっと顔にハンカチあてている理由は
僕の街や川のニオイがたまらないワケではなくて
たぶん 春の花粉のせい

黒いシミのように ぼんやりと僕らの心はいつもくすんでいた
大切な事さえ 誰かに言われないと気付かない

去年と同じヒザの抜けたパチもののジーンズ
君が一人だけで先に大人になってしまうのかな
たぶん 春の風とともに

僕らの毎日は少しずつ川の流れのように
なにも変わらない様でいてホントは凄いスピードで変わってしまう...

僕の足がからんで道に倒れるまで走ったら
この街の向こうへ 自由へ君を連れて行けるかな
たぶん 春の夢のように

                  『黒いシミ』










花粉、飛来。
なぜか、大丈夫だったのに、なんだかクシャミが止まらなかった今日。
違う。
違うよ。
そうじゃない。
花粉症ではないんだ。

と、自分に言い聞かす。
クシャミしながら。。。。。








さ、工作は腕部へ移ってます。
当初は片側だけ作って複製しようかと考えてましたが
デザイン上全てのパーツがプラ板で出来るので、なにも無理に複製しなくたってと
ガリガリやってます。結構、楽に進んでる。

今日は途中経過がてらの更新です。
細かな工作内容はパーツが揃ったら説明します。

では、こんな
RIMG0302_convert_20110306015118.jpg
もう、ここまで来ればMS本体のバランスは解ると思う。
どうかな。
画稿だと横に広がった肩幅なのだけども、少しシェイプしました。
ここから更にバインダーが付いていった時の一体感に関わるところで
定規と肩パーツ両手に決めていった。
『ギュッ』とした感が出ているでしょうか。

RIMG0309_convert_20110306015256.jpg
肩上面から横に伸びるフレームのボディ側のラインが画稿と違えてます。
実は内部に4mm径の真鍮パイプが入っていて、
3mmの真鍮棒で繋ぐ仕組みになっているんです。
これはブースター仕様の場合の重さ対策です。
なので、一度ボディから90度でテンションを張り
レジンパーツの応酬のブースターを支える構えです。
どうしても展示スタンドは一つにしたい。かなり堅牢なフレームが作れたと思う。
このブログを開設した時にFA178を載せましたが
アレ、、、完全にへたってます。。。
アレは肩軸一本で腕は勿論、アーマーパーツ全てを支えていて
アーマーパーツを装着すると正面から見て逆ハ之字に開いてしまった。
今回は絶対イヤ。絶対ダメ。
RIMG0308_convert_20110306015222.jpg
ここで、苦戦したのはボディからバインダーへのフレームの取り付け部と
腕部への取り付け軸が互いに違う位置で後方へオフセットしているんです。
それで、胸を張る様な可動を設けたところ、肩内部のボール状のフレームと
肩の外装の六角形がぶつかってしまった。
ボディからシリンダーを設置したのも干渉の原因だった。
それで、悩んだ末、バインダーフレームから下がる様に六角形を可動させつつ取り付け。
ウマい事いった。思わず深夜に「わお!」と言ったイタ男。

いや~SHINOさん。
カッコヨカデスよ。GP05。
皆さんはどうですか?
見た事の無いガンダムですが、楽しいですよ。こういうのも。

機構の説明は次回で。


そして、雑談。
ガンダムWシリーズ、、、、ヤヴァイね。
実はイタ男のツボです。あいつら、、
しかも、しかも!!
エピオンときた!!!
更にヘヴィーアームズにごっついのが付いて出撃してるし!!!!(出してね?頼むよ。)
あ~あ。
で、どうせトールギスまでは当然な感じだよね。
まだ一体も(ゼロはver,kaで買ってあるけど)買ってない。
欲し~な~。全部。


で、更に追記。
九龍版νガンダム、再び現れましたな。マイトラウマ!!
実は10年前にMGベースで挑戦して散った経緯があるの。
しかも、その時に対になるサザビーを掛け持って一緒に散った。
いや、しかし、やっぱり素晴らしいカタチです。
しばらくぶりの1/144でやってみようかと思ってるんだけど。それなら楽勝っぽいから。
作例を真似るの飽きるタイプなんだけどね。
作ってオークションにでも出してみようか、、、とかね、考えてたり。。
ふ~む。

さ、今夜はこの辺で。
また。
チャオ。

[ 2011/03/06 02:56 ] Project GP05 | TB(0) | CM(6)