上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Project GP05 脚部~靴part1~

雲と雲の切れ間から
差し込んだ光のスジ
その透き通ったオレンジが
空と街をつないでる

ひとりぼっちはジッとしてさえいれば
それなりの朝が訪れた
でも君とふたりぼっち傷つけ合う時の音
胸が破裂しそうにイタイ

望んだ事何もかもを
欲しいと思う全てを
もしも僕ら手にしたとしたら
それを幸せっていうの?
わかりあえないこの想いが
消えてしまいそうな願いが
きっと僕と君をつなぐ
約束になっていくって気がするんだ

               『約束』





なんだか、スッと模型と僕をつなぐ空気が近づいた様な。
ただ単に、新調したモーターツールが調子が良いだけかも。



では、前回記事でデザイナーさんに、概ね『良し』が出たので、
ディテールの工作に移る。
とは言え、脚部の外装のそのほとんどは複製になる為に
スジボリ等の『詰め』のディテールは後になる。
なんでかって、「どのくらい」「どのように」抜けるか正直わからないからね。
量産するわけではないし、前回のザクの時に複製したレジンパーツへのスジボリが
やりやすかったのもある。
つい、how to本なんかみて作業を僕は型にはめがちなのだけれども
要は、まずは完成すればいいのだ。
繰り返してく中でわかっていくはずなのだ。と、言い聞かす。
しかし、ガレージのプロの方は凄いなと、やってみて思った。
モーターヘッドとかなんて、どうなってんだろう???
修行が続くイタ男。

今回は『靴part1』。
特にタイトなピッチの中にシリンダーを仕込んだのだけども
元々、僕は素立ちが決まりさえすれば広く可動範囲を求めない方ですが、
このヒトはスネ内部がかなりギリギリで可動していて骨が折れました。
では、画像。
RIMG0276_convert_20110207013740.jpg
向かって左から、
キットパーツを加工して、こんな風に。
チョット考えてて、足裏のノズルって背の低いタイプが普及してますよね。
けど、この時代までのMSのベクターノズルで大きな役割を果たしているのは
足裏のモノではないのかと投げかけてみました(誰にさ。)。
hi-qさんちのSVタイプの大きなの。
靴前後の切れ間から見える感じもどうでしょ?
で、真ん中の白いのは甲の部分のメカニックパーツ。
これは02のソレと韻を踏むカタチ。
設定では02、04、05はジオン系のエンジニアだしね。
そして、右が靴の外装。


RIMG0278_convert_20110207013810.jpg
組んでみる。
『カタマリ感』が欲しいのです。各部位ごとにも。
良いカンジになってきた。

RIMG0282_convert_20110207013837.jpg
足の裏ね。
外装(青く塗られるパーツ)を作ってエポキシパテで一度内部の型を取ります。
抜いた後、裏部をディテール分削ぎます。
で、その上にプラ板でパターンを作り貼ってます。
ま、フツーですね。フツー。
ザクの時にパターンの奥まで迫ろうかとやってはみたものの『?』。
こんなところでしょう。今の僕じゃ。

RIMG0279_convert_20110207013907.jpg
そして、更に組んでみる。

ふ~む。
靴part2では、アキレス腱の辺りのカヴァーパーツを足していきます。

こんな感じで、進まないんですよ。ホイホイとは。
けど、僕を取り巻く模型的空気が例えるならゼクの時みたいな感じで楽しい。
やはり、スクラッチっしょーー。
(すんごい錆びたファルケが作りたくもあるんだけどね。)

では、また近いうちに。

チャオ。
スポンサーサイト
[ 2011/02/07 02:27 ] Project GP05 | TB(0) | CM(3)

すばらしい!(^ヮ^)

メカ部分の組み合わせが秀逸!
オフセットされたマルイチが新鮮でイイ!

む~、流石としか言いようが無い!
オレもがんばるっす(^ヮ^;)
[ 2011/02/08 18:44 ] [ 編集 ]

足のバーニアの解釈、スゲエ!
キットベースに考えてたらこんなの絶対思いつかない・・・
マジカッコエエナア~

そして足裏のディテ・・・

全然フツーじゃないですよ?
[ 2011/02/08 21:05 ] [ 編集 ]

どもども。毎度です。

なんか、雪がちですね~全国的に。
明日から関東は雪ですって。
弱るなぁ~。客足がさ~。。。

さて、
■SHINOさん

お褒め、ありがとうございます。
次の記事の時に求めてるイラストを載せようと思ってます。
カトキ先生のイラストなんだけどね。
ギュッと詰まって見えるメカニックにメロメロなんです。僕。w

オフセットのマルイチはキットパーツの丸と重なった感じが
いいかなぁ~って。

しかし、なかなかスイスイいかないよー



■ベルさん
ばんわ。
またまた褒めてくれちゃって。
けどさ、ベルさんもドムとかやってるから感じたみたいだけど、
この当時は「うわ~スゲ~」ってなったキットも今見ると
厳しくもあり、楽しくもありますわね。
僕はABSばっかしのフレームよりも、この時期のキットの構成が
好きみたいですね。割れの心配も少ないし。
ノズルの深さについては、低いと単純に推進力がなさそうに
見えていて、、、06R-2の時も感じてはいたんだけど、
クリアランスの関係上断念。
ま、重箱の隅つつき系のハナシだねw

足裏ね、、、
やってみると簡単だし、結構テキトーだよ。
左右の精度とかも雑だしね。僕は。
ま、雰囲気で。w
[ 2011/02/10 19:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sforma.blog115.fc2.com/tb.php/86-207f6e22